明石市歯科医師会
ホーム サイトマップ リンク
歯科医師会ってなぁに? 歯科医院検索 お役立ち情報 休みの日に困ったら? 障害をお持ちの方へ 学校歯科について 往診を希望される方へ
ホーム > 学校歯科について > 学校歯科のご紹介
学校歯科について
学校歯科のご紹介
食育について
お口のケガ
学校歯科担当医一覧

学校歯科のご紹介
 学校で歯の健康診断を行っている歯医者さんを学校歯科医といい、歯・口の状態が健康かどうか調べています。
 主に毎年6月ごろに学校歯科健康診断を行いお口の病気の早期発見、早期治療を推進しています。さらに、歯みがき指導、歯科保健講演、歯科保健相談を実施して、子供たちの歯科疾患の予防と歯科保健の知識向上をサポートしています。
(1)学校歯科健康診断では、どんなことを調べているのでしょう?
 歯がむし歯になっていないかだけではなく、みなさんのあごの関節の状態や歯並びやかみ合わせがきちんとしているか、お口が清潔になっているか、歯肉は健康かなどを調べ、次の@〜Bにふるい分けしています。

 @ 健康な状態の場合
 A少し心配なところがあるので、学校で保健指導を受けながらしばらく様子を見ていく必要がある場合
 B かかりつけの歯科医にみてもらうほうがいい場合

 歯医者さんに行くことをすすめられた人は、できるだけ早く歯医者さんでみてもらいましょう。健康だった人は、今までどおり、規則正しい食事と歯みがきをつづけるのと同時に、定期的にかかりつけの歯科医や近所の歯科医にみてもらい、お口の健康維持のための観察や指導を受けることもとても大切ですね。
(2)健診結果が届いたら…CO(シーオー)って何?
 「うちの子、歯科健診でCOという結果をもらったけど、これってむし歯なの、それとも違うの?」要観察歯(CO)は、いまのところう蝕(むし歯)とは断定できませんがう蝕初期病変の疑いがあり、お口の中の環境が悪ければう蝕に移行する可能性が高く、逆に良ければ健全歯にもどる可能性のある状態の歯です。
 最近では初期う蝕に大きくかかわりのある、歯の表面での脱灰と再石灰化の様子が解明されると共に、フッ化物の応用等多角的に行うことにより健全歯への再生が明らかになってきました。そこで健診によるCOの検出後早期にかかりつけ医を受診し経過観察をすべきと考えます。どうか学校歯科健診の使命を御理解いただき、受診勧告書が届きましたら、早期に歯科医院を受診してください。
(3)最近の傾向…むし歯について
 むし歯被患率とは、むし歯(治療済みのむし歯を含む。) のある者の割合で、年々減少し、全国的な文科省調査(中1のみ対象の永久歯)で1人当たりむし歯等の数、平成15年度2.09本、平成23年度1.20本と傾向が続いています。
 明石市でもむし歯のない人は、平成15年度→平成23年度と比べてみると、幼稚園児:50.9%→58.1%、小学生:29.6%→44%、中学生:42.4%→57.7%、高校生:21.5%→38.3%と、それぞれむし歯のない人が大きく増加しています。
 では乳歯と永久歯の交換期でむし歯になりやすい時期の小学生では各学年でどうでしょう。
 むし歯のない人の推移をグラフにしてみますと両年度とも1年生→4年生にむかってむし歯になる人が増え、4年生→5・6年生へと、むし歯のない人が増えてきています。一方各学年間でみてみますと、平成23年度のこどもたちで、平成15年度に比べむし歯のない人は11.9%〜20.5%の範囲で増えてきています。
 両年度共、3・4年生は特にむし歯に要注意の時期、永久歯との交換の時期でもありお口の清掃、おやつ等に気をつけることが大切かと思われます。5・6年生では、永久歯に交換し終わった人が多くなってきた為と思われます。
 これだけむし歯のない人がふえてたきたのは、ご家庭と学校との連携、口腔衛生への意識・実践への向上、フッ素入歯磨剤の普及、かかりつけ医をもち定期的な受診等が考えられます。早期発見・治療は歯・体への負担が少なくてすみます。
4)最近の傾向…歯肉の状態について
 歯肉の状態を学年別にみると、歯周疾患及び歯周疾患要観察者の割合は学年が進むにしたがって高くなる傾向です。
▲ページトップへ
Copyright © Akashi Dental Association. All Right Reserved.